12月15日発行旬刊宮崎ニュース

町指定史跡の森林伐採!! 戦国時代屈指の古戦場

木城町 観光客「景観損ねる」と苦情

 木城町で今年6月、町の過失で民俗文化財や歴史資料が大量に廃棄されていたことが発覚したが、今度は町の指定史跡『城山公園』(高城跡)下の森林(法面)が伐採されていた。観光客から「景観を損なう」と苦情が出ており、史跡としての重要性を考慮すれば、他の対応方法があったのではないかという。同町12月議会でも城山公園について、県指定に関する質問が出た。同町教育委員会は、今後、伐採届けに対して「対応をどうするか検討する」というが、町の文化財などに対する認識を疑わざるを得ない状況だ。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    都城市民 (金曜日, 03 11月 2017 20:35)

    都城市姫城町6街区21号 都城市役所 保護課 平成29年11月2日木曜日、午前10時23分、八十島 地区担当ケ-スワ-カ-に「 公務員が悪い事をした時は、味方する、かばう、かくす、やみにほうむる、ですね。 」と言うと、八十島 地区担当ケ-スワ-カ-は 「 もちろんです。 」と正直に言った。

旬刊宮崎は創刊当初より30年以上、庶民の立場から真実を追究。山積する不条理に対し「弱者の代弁者として破邪顕正の剣で立ち向かっていく」旬刊新聞です(発行は毎月5日、15日、25日)。