9月5日発行旬刊宮崎ニュース

懲りない管工事組合 新体制も談合か!!

役員改選後も落札率97%、首が据え換わっただけ

 日南管工事組合の役員改選が、8月18日の臨時総会で実施され、新役員が決定した。「会長の交代で、談合が終わるのでは」と、本紙に情報が伝わったが、期待は見事に裏切られ、役員改選後初の入札(日南市)でも談合は行われたようだ。関係者によると、それまで組合事務所に集まり談合していたのが、携帯電話での会合に変わっただけではないか、という。日南市では、管工事業者が市民の血税で甘い汁を吸っている構図は、依然、続いているようだ。

市民の質問に回答拒否 都城市議会報告会

 都城市議会報告会で、8月22日、同市民の1人が、三角光洋都城市議会議員に対し、前回の市長選で長峯誠前都城市長の支援業者からカネを受け取ったことについて質問したが、三角市議は「個人的なことだから…」と回答しなかった。『都城市議会議員政治倫理規程』には、政治倫理に反する疑惑については、議員自らが解明するよう定められている。三角市議は、説明責任を果たせ。

ホテル解体跡地から鉄骨 市「他にはない」と調査せず

 宮崎市青島の旧橘ホテル跡地の地中にコンクリートの塊と鉄骨数本が埋っていた。青島地域センターは、敷地内の他の場所について、「目視で調査したが、今のところは問題ない」と現状維持の方針。しかし、他に埋っている可能性はある。調査して、安全確認を行う必要があるのではないか。 

コメントをお書きください

コメント: 13
  • #1

    匿名希望 (金曜日, 02 9月 2016 21:39)

    H28年7月6日、下〇さんの部屋の鍵を保護課の公人が開けて、下〇さんの両腕をつかんで連れ去った。女4人も一緒に来た。見ていた人がいた。行先は都城市早鈴町、藤元病院2階観察室精神科、市民相談室の畑中さんは、税所久和地区担当ケ-スワ-カ-が下〇さんが家に帰れなくなった。認知症と聞いている。隣の住人は下〇さんが弁当買いに行くのを見ている。近くの中央タクシ-の運転手さん達は下〇さんが自動販売機で飲み物を買いに来ているのを見ている。ロ-ソンに買い物に行くのも見ている。ロ-ソンの店員さんも下〇さんが買い物に
    来たのを知っていた。H21年1月から9月までの生活保護費84万7480円を松元 清光都城市福祉事務所長、健康部長が公金横領した事を世間に隠したい、闇に葬りたいので下〇さんを精神科に強制収容させた。池田市長の命令だと思う。不正を正さないで悪知恵働かせるから、深みに嵌っていく。池田市長が広聴、岡田にも
    不正を正すなと言っている雰囲気です。ふるさと納税日本一だから悪いことを隠したい、知られたくない。下〇さんは都城市役所の公人の悪いところを教えている。

  • #2

    匿名希望 (日曜日, 04 9月 2016)

    旬刊宮崎新聞は三角光洋市議に聞きましたか。H24年11月18日の市長選挙投票日前に東亜環境に三角光洋さんを連れて行ったのは誰ですかと聞いてください。

  • #3

    匿名希望 (日曜日, 04 9月 2016 10:33)

    H21年1月1日、下〇さんの個人情報を今、市民課戸籍担当の松元 淳一主査が保護課にいる時、下〇さんになりすまし生活保護法による保護申請書を内緒で勝手に書いて、下〇の偽造印鑑を押印し、架空文書、有印私文書偽造罪になる行為をしていた。公人は生活保護を受けようとするものではないので、書けない、書かない。下〇さんは字がかける。歩ける。話ができる。怪我をしていない。下〇さんは知らないから生活保護法による保護申請書に書けないる保護課に相談に行ったことがない、見たこともない、生活保護法による保護申請書、一枚だけでは生活保護者になれない。別添の書類は保護を受けようとするものに記入してもらって下さい。資産の状況、収入の状況、新しい住所の同意書、扶養義務の調書、賃貸借契約書、下〇さんが書いた借家料証明書が1枚もない。保護課が松元 清光都城市福祉事務所長、健康部長に金庫から支給袋を盗みとり渡した保護課公人がいる。松元 清光の貸家に生活保護者を入れて、保護課は400万以上を稼がせている。車6台、バイク5台もてる。

  • #4

    匿名希望 (日曜日, 04 9月 2016 10:33)

    H21年1月1日、下〇さんの個人情報を今、市民課戸籍担当の松元 淳一主査が保護課にいる時、下〇さんになりすまし生活保護法による保護申請書を内緒で勝手に書いて、下〇の偽造印鑑を押印し、架空文書、有印私文書偽造罪になる行為をしていた。公人は生活保護を受けようとするものではないので、書けない、書かない。下〇さんは字がかける。歩ける。話ができる。怪我をしていない。下〇さんは知らないから生活保護法による保護申請書に書けないる保護課に相談に行ったことがない、見たこともない、生活保護法による保護申請書、一枚だけでは生活保護者になれない。別添の書類は保護を受けようとするものに記入してもらって下さい。資産の状況、収入の状況、新しい住所の同意書、扶養義務の調書、賃貸借契約書、下〇さんが書いた借家料証明書が1枚もない。保護課が松元 清光都城市福祉事務所長、健康部長に金庫から支給袋を盗みとり渡した保護課公人がいる。松元 清光の貸家に生活保護者を入れて、保護課は400万以上を稼がせている。車6台、バイク5台もてる。

  • #5

    匿名希望 (月曜日, 05 9月 2016 19:26)

    三角 光洋市長選立候補の時、東亜環境の吉岡健太郎会社内での社長のところに連れて行ったのは、元都城市役所森林環境部長、健康福祉部長兼都城市福祉事務所長、健康部長をしてH23年4月1日、東亜環境に常務で高級車付き月100万円の給料で天下りした男、松元 清光、9月には専務になれた男、三角 光洋さんはお金をもらったけど、松元 清光宅に社長に返して下さいとお金を渡した。H26年1月26日市議会議員選挙投票日の前の準備期間中に立候補者の中から16人に松元 清光がお金を配ったことを都城市役所公務員に自慢げに話した。お金で心を縛り、何も言えないようにした。車6台を乗り回し、バイク5台持ち、遊んでいるる旬刊宮崎新聞は松元 清光が三角 光洋さんを東亜環境に連れて行った事、松元 清光が16人の市議立候補者にお金を配ったことを新聞に載せない。川原 建旬刊宮崎新聞社長は「真実を県民に伝え不正許さぬ報道を」と新聞に平成28年1月1日(金曜日)に載せている。松元 清光は森林環境部長の時、資格者も一人もいない東亜環境に落札した見返りに東亜環境に天下りできた男です。松元 清光貸家を都城市宮丸町3107番地1の1、1の2、1の3、3軒持っている。生活保護者を入れて400万円以上、家賃で稼いでいる。保護課が松元 清光さんの貸家は保護課には関係ありませんと最初に断っていれば、平成21年1月から9月までの生活保護費84万7480円松元 清光は公金横領しなくてよかった。都城市役所保護課が一番悪い、良い人にしなかったから。犯罪者を作った。不正を正さない、池田市長、かくそうとしている。

  • #6

    匿名希望 (水曜日, 07 9月 2016 21:03)

    H21年1月から9月までの生活扶助費67740円×3か月分。65210円×6か月分。住宅扶助費23000円×9か月分。一時扶助費、敷金46000円。合計847480円、都城市役所2階保護課、楠元 誠、松元 淳一、新地 利光、恒松 繁雄、畠中 和昭、坂本 裕介、鍋倉 毅次、保護決定調書H21年3月23日起案を津曲 考博主査が起こしていれば、決裁していれば、かかわっている。松元 清光都城市福祉事務所長兼健康福祉部長、健康部長の松元貸家、都城市宮丸町3107番地1の2に下〇さんが住んでいるようにみせかけたり、生活保護者に仕立て上げたりして、下〇さんは何も知らない。松元 清光が847480円公金横領した。部下が協力した。松元 清光の妻、郁子も


  • #7

    匿名希望 (水曜日, 07 9月 2016 21:03)

    H21年1月から9月までの生活扶助費67740円×3か月分。65210円×6か月分。住宅扶助費23000円×9か月分。一時扶助費、敷金46000円。合計847480円、都城市役所2階保護課、楠元 誠、松元 淳一、新地 利光、恒松 繁雄、畠中 和昭、坂本 裕介、鍋倉 毅次、保護決定調書H21年3月23日起案を津曲 考博主査が起こしていれば、決裁していれば、かかわっている。松元 清光都城市福祉事務所長兼健康福祉部長、健康部長の松元貸家、都城市宮丸町3107番地1の2に下〇さんが住んでいるようにみせかけたり、生活保護者に仕立て上げたりして、下〇さんは何も知らない。松元 清光が847480円公金横領した。部下が協力した。松元 清光の妻、郁子も


  • #8

    匿名希望 (金曜日, 09 9月 2016 19:02)

    H21年9月7日、生活保護費支給明細書受領印に下〇の偽造印鑑が押印してあった。今、水道局にいる保護課にいた、坂本 裕介主事に下〇さんから印鑑を預かったことがありますか、支給袋を渡したことがありますか、と聞くとないと答えた。下〇さんが保護課に行っていない。生活保護費をもらっていない証拠の言葉である。都城市役所保護課は松元 清光都城福祉事務所長の貸家の斡旋をして過去に生活保護者をいれて23000円最高の限度額で平成10年から平成24年4月まで400万円弱松元 清光の貸家に金儲けさせてきている。過去も含めると400万円以上になる。民間の不動産がある。わざわざ、大雨が降ったとき、畳の上までつかるところに連れて行かなくても、つからない場所がある。公人がみんなの税金で給料、ボ-ナスをもらい、また、国が75パーセント、市町村が25パ-セントの税金で生活保護はまかなわれているので、公人の貸家の斡旋は保護課はしてはいけない。常識な事が都城市役所公人はわかっていない。公人のたのみ事は必ず聞くようになっている。本人の顔を見て、確認もしないで公人同士で勝手に本人無視で書類、文書を受け付けている。不正ができるように出来ている。ありとあらゆる文書、書類には指印を押してもらうようにすると公人が不正ができなくなる。池田都城市長は不正を正さないで隠す人、もみ消す人です。847480円公金横領した松元 清光福祉事務所長のことも警察に被害届をださないで平成28年9月6日で時効にしてあげました。

  • #9

    匿名希望 (土曜日, 10 9月 2016 20:19)

    H28年7月15日発行旬刊宮崎ニ-ュスに書かれてあった、H26年1月26日都城市議会議員選挙投票日の前に立候補者16人にお金をもらった。だから、松元 清光東亜環境専務がお金を配ったことを都城市役所職員に自慢話をしたとききました。だから、都城市議会が正常に機能してないと、思いました。松元 清光都城市福祉事務所長兼健康福祉部長、健康部長が松元 清光貸家、都城市宮丸町3107番地1の2に下〇さんが住んでいるように見せかけて、生活保護者に仕立て上げて、H21年1月から9月までの生活保護費、住宅扶助費23000円を9か月分、生活扶助費67740円を3か月分、65210円を6か月分、一時扶助費敷金46000円、合計847480円を松元 清光は保護課の金庫から、お金が入った支給袋を部下に盗ませて支給袋を受け取った。H24年4月11日、市役所喫煙所で畠中 和昭保護課長をH21年1月、2月、3月していた時、かかわったと言った。松元 清光は公人の給料とボ-ナスだけが収入だった。バイク5台、車6台、飲み屋代、家の債務代とお金がかかり、お金が必要だったから、下〇さんを利用し、部下を使い命令と頼のんで、有印私文書偽造、私文書偽造、有印公文書偽造、公文書偽造させて、して、9人の公人と1人の私人が協力して847480円公金横領を松元 清光が出来た。議会で市議は質問すれば解決できる。



  • #10

    匿名希望 (土曜日, 10 9月 2016 20:19)

    H28年7月15日発行旬刊宮崎ニ-ュスに書かれてあった、H26年1月26日都城市議会議員選挙投票日の前に立候補者16人にお金をもらった。だから、松元 清光東亜環境専務がお金を配ったことを都城市役所職員に自慢話をしたとききました。だから、都城市議会が正常に機能してないと、思いました。松元 清光都城市福祉事務所長兼健康福祉部長、健康部長が松元 清光貸家、都城市宮丸町3107番地1の2に下〇さんが住んでいるように見せかけて、生活保護者に仕立て上げて、H21年1月から9月までの生活保護費、住宅扶助費23000円を9か月分、生活扶助費67740円を3か月分、65210円を6か月分、一時扶助費敷金46000円、合計847480円を松元 清光は保護課の金庫から、お金が入った支給袋を部下に盗ませて支給袋を受け取った。H24年4月11日、市役所喫煙所で畠中 和昭保護課長をH21年1月、2月、3月していた時、かかわったと言った。松元 清光は公人の給料とボ-ナスだけが収入だった。バイク5台、車6台、飲み屋代、家の債務代とお金がかかり、お金が必要だったから、下〇さんを利用し、部下を使い命令と頼のんで、有印私文書偽造、私文書偽造、有印公文書偽造、公文書偽造させて、して、9人の公人と1人の私人が協力して847480円公金横領を松元 清光が出来た。議会で市議は質問すれば解決できる。



  • #11

    匿名希望 (日曜日, 11 9月 2016 20:34)

    H21年1月から9月までの都城市役所保護課の生活保護費支給明細書受領印下〇の偽造印鑑が押印してあった。H21年1月8日に保護課にお金をもらいに来た人は、6日窓口支給日は第3相談室を開放して、経理担当支給係がもらいに来た人から印鑑を預かり生活保護費支給明細書受領印に押印して支給袋の入り口を切って、確認してもらい、地区担当ケ-スワ-カ-に相談がある人は相談する、相談がない人は帰る。午後からと別な日にもらいに来た人は地区担当ケ-スワ-カ-に印鑑を渡し、ケ-スワ-カ-は経理担当支給係に誰が来ましたと言って、生活保護費支給明細書受領印に印鑑を押してもらい、印鑑をケ-スワ-カ-に渡し、支給係が金庫から支給袋を出して、地区担当ケ-スワ-カ-に支給袋を渡す。地区担当ケ-スワ-カ-がもらいに来た人に支給袋と印鑑を渡すやり方に変わる。H21年9月7日生活保護費支給明細書受領印に下〇の偽造印鑑が押印してあったので今、水道局にいる当時の宮丸地区担当ケ-スワ-カ-坂本 裕介主事に聞きました、下〇さんから印鑑を預かった事がありますか、支給袋を下〇さんに渡した事がありますかと聞くとないと言いました。下〇さんがお金をもらっていない言葉の証拠です。847480円松元 清光が公金横領した証拠です。
     

  • #12

    匿名希望 (日曜日, 11 9月 2016 20:34)

    H21年1月から9月までの都城市役所保護課の生活保護費支給明細書受領印下〇の偽造印鑑が押印してあった。H21年1月8日に保護課にお金をもらいに来た人は、6日窓口支給日は第3相談室を開放して、経理担当支給係がもらいに来た人から印鑑を預かり生活保護費支給明細書受領印に押印して支給袋の入り口を切って、確認してもらい、地区担当ケ-スワ-カ-に相談がある人は相談する、相談がない人は帰る。午後からと別な日にもらいに来た人は地区担当ケ-スワ-カ-に印鑑を渡し、ケ-スワ-カ-は経理担当支給係に誰が来ましたと言って、生活保護費支給明細書受領印に印鑑を押してもらい、印鑑をケ-スワ-カ-に渡し、支給係が金庫から支給袋を出して、地区担当ケ-スワ-カ-に支給袋を渡す。地区担当ケ-スワ-カ-がもらいに来た人に支給袋と印鑑を渡すやり方に変わる。H21年9月7日生活保護費支給明細書受領印に下〇の偽造印鑑が押印してあったので今、水道局にいる当時の宮丸地区担当ケ-スワ-カ-坂本 裕介主事に聞きました、下〇さんから印鑑を預かった事がありますか、支給袋を下〇さんに渡した事がありますかと聞くとないと言いました。下〇さんがお金をもらっていない言葉の証拠です。847480円松元 清光が公金横領した証拠です。
     

  • #13

    匿名希望 (月曜日, 12 9月 2016 15:09)

    都城市役所保護課海東課長は平成26年4月1日から27年度、28年度保護課長をしていますが平成21年1月から9月まで生活保護者に仕立て上げられた下〇さんの氏名を勝手に利用して、下〇さんに成りすまし生活保護法による保護申請書を平成21年1月1日提出します。で書いて下〇の偽造印鑑を押印した、今、市民課戸籍担当の松元 淳一主査に2年8か月と12日、誰の命令と頼まれて、断ることも出来たのに実行に移したのですかと聞いた事が1回もない。松元 淳一主査が平成21年1月から9月まで下〇さんが一円もお金をもらっていない事、印鑑を押していない事、平成21年8月28日金曜日午後から介護保険課楠元 誠主事と市営志比田団地に勝手にやって来て、妹に「ひとりでないと生活保護は受けられない」とうそを言って公用車箱バンに下〇さんを乗せて、行先も言わず都城市役所の松元 清光健康部長の貸家都城市宮丸町3107番地1の2でおろした
    事、平成21年1月1日転居日が嘘であること、市営志比田団地を退去したのが平成21年1月8日でない事、水道使用開始日、電気使用開始日が平成20年12月24日でないことを知っている。海東保護課長、田中福祉部長兼都城市福祉事務所長が市民課戸籍担当 松元 淳一主査に聞くと84万7480円を下〇さんがもらって
    いない事を答えるでしょう。一番の証人です。下〇さんは保護課に生活保護を受けさせてくださいと言いに行った事が一回もない。松元 淳一主事は市営志比田団地に来ても妹の部屋に行き、下〇さんに声をかけた事が一回もない、下〇さんはどこの人か知らなかった。知らないから、生活保護法による保護申請書が下〇さんの字ではなかった、印鑑も下〇の偽造印鑑、松元 淳一に聞いて下さい、解決します。

旬刊宮崎は創刊当初より30年以上、庶民の立場から真実を追究。山積する不条理に対し「弱者の代弁者として破邪顕正の剣で立ち向かっていく」旬刊新聞です(発行は毎月5日、15日、25日)。