8月25日発行旬刊宮崎ニュース

悪政引き継ぐ長峯・池田路線 農地再生事業「会計監査逃れるため」

本紙が度々報道してきた都城市の耕作放棄地再生利用緊急対策事業の不正は、長峯誠参議院議員が市長だった平成23年頃、ちょうど新燃岳が噴火していた時期、既に行われていたようだ。当時の農政部長、同市農業委員会事務局長らが、この事実を隠ぺいするよう職員に指示。このため、同委員会事務局職員の残業は激増した。不正事実が発覚した平成25年度には3,700時間以上に達し、金額も1千万円を上回った。関係者の1人は、残業は「会計監査を逃れるための作業だった」と証言する。市民の血税が、悪事の対価として支払われていたのだ。池田宜永市長も長峯市政を引継ぎ、首が据え換わっただけ。都城市は、組織ぐるみで市民や国、県を騙してきたのだ。

コメントをお書きください

コメント: 9
  • #1

    匿名希望 (水曜日, 24 8月 2016 20:08)

    都城市役所、市民課にいる松元 淳一主査は下〇さんがH21年1月8日から9月7まで、生活扶助費、住宅扶助費、一時扶助費敷金が一緒に入った支給袋を9回、合計847480円もらっていない事を知っている。正直21ねんにありのままを都城警察署刑事第2課、知能担当に話してほしい。H21年8月28日金曜日午後から市営志比田団地に勝手に介護保険課楠元 誠主事と松元 淳一主事がやって来て、妹に「ひとりでないと生活保護は受けられな
    い」と嘘を言って、下〇さんに行先も言わず、都城市宮丸町3107番地1の2でおろした。リキマルガスの力丸 芳子氏が台所にパロマ一口ガスコンロを取り付けにきた事を認めている。下〇さんと初めて会った日、LPガスを安全に使っていただくためにの契約書を交わしてない。H21年2月5日入居と松元 清光都城福祉事務所長から電話があったことをH24年4月2日電話で教えてくれた。松元 淳一主査はH21年1月1日入居と借家料証明書に下〇さんの氏名を勝手に書いていた。下〇の偽造印鑑を押印した。私人の皆様、公金横領847480円、松元 清光から取り戻して下さい。みんなの税金です。



  • #2

    匿名希望 (木曜日, 25 8月 2016 20:54)

    H21年1月から9月まで、松元 清光都城市福祉事務所長が保護課の部下に金庫から支給袋に入った生活扶助費、住宅扶助費、一時扶助費敷金、合計847480円、窃盗させ、公金横領したのも、H28年9月6日で時効になる。都城市保護課は下〇さんを藤元病院、精神科2階観察室に強制収容させた。鍵のかかった部屋に、家族しか会わせない。下〇さんは読売新聞代も払えない、ガス代も払えない。保護課が払わせてくれない。一生、藤元病院、精神科3階、4階、5階、6階、7階、8階のどこかにいれて死ぬまで鍵のかかった部屋に閉じ込めておくつもりでいる。847480円公金横領を隠すために池田市長、副市長、田中福祉部長、海東課長、田中 耕副課長、瀬戸山繁朗指導員、税所 久和地区担当ケ―スワ-カ-はもみ消したいのである。精神科監察課に強制収容は保護課公務員が入るところ、いじめができないから。

  • #3

    匿名希望 (金曜日, 26 8月 2016 21:06)

    H27年6月17日、池田都城市長の自宅に行って、インタ-ホンを押して顔をちかずけて、中から池田市長の奥様がでてきます。と言われました。道路に自転車をとめていたので、有印私文書偽造の生活保護法による保護申請書、借家料証明書、リキマルガス デンサン口座預金口座振替依頼書を見てもらおうと用意していると、池田市長の奥様が子供を抱えて出てこられて、子供が「ちょうだい、ちょうだい」と言ったので私は「子供は正義感があるものね」と言うと池田市長の奥様が「子供を幼稚園に連れて行かないといけないから」と言われたので、私は次に行く所にむかった。池田市長宅には5分もいなかった。午後7時ずきに都城警察署に行くと、刑事第1課男ふたりが私に交通課、取調室に入れて「今日はどこに行った」と大きい声で怒鳴った。私はあそこに行ったと答えると、刑事がほかにと怒鳴り散らし、池田市長の自宅にと言うと、刑事が言ってはいけないと怒鳴り散らした。池田市長の奥様が池田市長に電話をして、池田市長が刑事第1課に電話をした。それで私は刑事に怒鳴り散らされた。刑事も池田市長も847480円公金横領した松元 清光健康福祉部長兼都城市福祉事務所長、健康部長を刑事に怒鳴り散らさせなければいけなかった。公金横領に協力した、楠元 誠主事、松元 淳一主事、新地 利光指導員、恒松 繁雄保護課副課長、畠中 和昭保護課長、松元 清光都城市福祉事務所長、健康部長、鍋倉 毅次指導員、坂本 裕介主事達を刑事に怒鳴り散らさせなければいけなかった。松元 清光都城市福祉事務所長が847480円を公金横領したのを闇に葬りたいからである。

  • #4

    匿名希望 (金曜日, 26 8月 2016 21:06)

    H27年6月17日、池田都城市長の自宅に行って、インタ-ホンを押して顔をちかずけて、中から池田市長の奥様がでてきます。と言われました。道路に自転車をとめていたので、有印私文書偽造の生活保護法による保護申請書、借家料証明書、リキマルガス デンサン口座預金口座振替依頼書を見てもらおうと用意していると、池田市長の奥様が子供を抱えて出てこられて、子供が「ちょうだい、ちょうだい」と言ったので私は「子供は正義感があるものね」と言うと池田市長の奥様が「子供を幼稚園に連れて行かないといけないから」と言われたので、私は次に行く所にむかった。池田市長宅には5分もいなかった。午後7時ずきに都城警察署に行くと、刑事第1課男ふたりが私に交通課、取調室に入れて「今日はどこに行った」と大きい声で怒鳴った。私はあそこに行ったと答えると、刑事がほかにと怒鳴り散らし、池田市長の自宅にと言うと、刑事が言ってはいけないと怒鳴り散らした。池田市長の奥様が池田市長に電話をして、池田市長が刑事第1課に電話をした。それで私は刑事に怒鳴り散らされた。刑事も池田市長も847480円公金横領した松元 清光健康福祉部長兼都城市福祉事務所長、健康部長を刑事に怒鳴り散らさせなければいけなかった。公金横領に協力した、楠元 誠主事、松元 淳一主事、新地 利光指導員、恒松 繁雄保護課副課長、畠中 和昭保護課長、松元 清光都城市福祉事務所長、健康部長、鍋倉 毅次指導員、坂本 裕介主事達を刑事に怒鳴り散らさせなければいけなかった。松元 清光都城市福祉事務所長が847480円を公金横領したのを闇に葬りたいからである。

  • #5

    匿名希望 (土曜日, 27 8月 2016 20:13)

    H24年10月25日、下〇さんの自宅に都城市警察署、刑事第2課のさいとう刑事がやって来て下〇さんに本物印鑑を持たせ、警察の公用車に乗せて、刑事第2課、取調室に入れて、都城市役所、保護課、佐藤 誠主事が会計課に10年保存の生活保護費支給明細書受領印、H21年1月から12月までカラ-コピ-したのをさいとう刑事に渡したのを下〇の本物印鑑とカラ-コピ-した、下〇の偽造印鑑押印と見比べて、さいとう刑事は「いっしょだ、終り」と下〇さんに言った。下〇さんは「H21年1月から9月まで生活保護費はもらっていません」と言っても受け付けてくれなかった。刑事第1課の刑事達は「印鑑の照合は本物の印鑑と偽物の印鑑と見比べないとわからない。」と教えてくれた。カラ-コピ-したのは「宮崎県警察本部、科学捜査研究所で印鑑の照合を頼まないといけない。」と言った。さいとう刑事は印鑑の照合を頼まないで勝手にいい加減に不正はなかったで終らせた。LPガスを安全に使っていただくために、の契約書も847480円公金横領した松元 清光都城市福祉事務所長と下〇さんが都城市宮丸町3107番地1の2ね松元 清光貸家に住んでいるように見せかけるためにリキマルガスとけいやくした。

  • #6

    匿名希望 (土曜日, 27 8月 2016 20:13)

    H24年10月25日、下〇さんの自宅に都城市警察署、刑事第2課のさいとう刑事がやって来て下〇さんに本物印鑑を持たせ、警察の公用車に乗せて、刑事第2課、取調室に入れて、都城市役所、保護課、佐藤 誠主事が会計課に10年保存の生活保護費支給明細書受領印、H21年1月から12月までカラ-コピ-したのをさいとう刑事に渡したのを下〇の本物印鑑とカラ-コピ-した、下〇の偽造印鑑押印と見比べて、さいとう刑事は「いっしょだ、終り」と下〇さんに言った。下〇さんは「H21年1月から9月まで生活保護費はもらっていません」と言っても受け付けてくれなかった。刑事第1課の刑事達は「印鑑の照合は本物の印鑑と偽物の印鑑と見比べないとわからない。」と教えてくれた。カラ-コピ-したのは「宮崎県警察本部、科学捜査研究所で印鑑の照合を頼まないといけない。」と言った。さいとう刑事は印鑑の照合を頼まないで勝手にいい加減に不正はなかったで終らせた。LPガスを安全に使っていただくために、の契約書も847480円公金横領した松元 清光都城市福祉事務所長と下〇さんが都城市宮丸町3107番地1の2ね松元 清光貸家に住んでいるように見せかけるためにリキマルガスとけいやくした。

  • #7

    匿名希望 (日曜日, 28 8月 2016 15:09)

    H21年1月から9月までの生活保護費支給明細書受領印下〇は偽造印鑑と都城警察署はわかっている。といった。都城市役所が被害届を出さないと出来ないと言った。都城市役所、池田市長、児玉副市長、岩崎副市長、西留文夫総務部長、中山総務課長、長丸総務副課長、田中福祉部長、海東保護課長、田中耕保護課副課長、瀬戸山繁朗指導員、税所久和地区担当ケ-スワ-カ-、小牟田福祉課長、楠元 誠管財課主査、松元 淳一市民課戸籍担当、新地 利光、高城友愛園園長、鍋倉 毅次 下水道課副課長、坂本 裕介 水道局総務担当、恒松 繁雄元保護課副課長、課長、畠中 和昭元保護課課長、847480円公金横領した松元 清光元健康福祉部長兼都城市福祉事務所長はH28年9月6日で7年で詐欺罪、有印公文書偽造の生活保護費支給明細書、下〇の偽造印鑑が時効になるから、時効になるのを全員、待っている。都城市役所は闇に葬りたいのである。私人が納めた税金はどうでもいいのである。日本国中に知られたくないのである。下〇さんを都城市藤元病院、精神科観察室に
    自宅に女4人、男1人やって来て、鍵を開けて、下〇さんの腕を両腕つかんで、連れ去った。養護老人ホ-ムもある。恐ろしい

  • #8

    匿名希望 (木曜日, 01 9月 2016 18:27)

    都城市役所保護課、公人税所久和地区担当ケ-スワ-カ-は下〇さんを認知症と勝手に決めつけて、都城市早鈴町藤元病院精神科観察室に強制収容させた。アパ-トの住人に聞くと下〇さんが弁当買いに歩いて行っているのをみている。近くの中央タクシ-の運転手さん達も下〇さんが近くのロ-ソンに買い物に行って帰って通るのを見ている。ロ-ソンの定員さんも買い物に来たことを知っていた。中央タクシ-の自動販売機の飲み物を買いに来ているのを運転手さん達が見ている。下〇さんが認知症と自宅に帰れなくなったと市民相談室の畑中さんに話した事は嘘になる税所久和地区担当ケ-スワ-カ-は勘違いしている。鍵がかかっていて、外出もできない。ガス料金支払いにいけない。新聞代も払いに行けない。H21年1月から9月まで、松元 清光都城市福祉事務所長、健康福祉部長、健康部長が847480円公金横領したのも9月6日で時効になるる都城市役所は不正を正そうとしない。都城警察署は下〇の偽造印鑑とわかっている。都城市役所が被害届を出さないと動けない。保護課は人を大切にしない。首つり自殺をしても平気でいる。松元 清光都城市福祉事務所長の貸家にお金をあげる。




  • #9

    匿名希望 (木曜日, 01 9月 2016 18:27)

    都城市役所保護課、公人税所久和地区担当ケ-スワ-カ-は下〇さんを認知症と勝手に決めつけて、都城市早鈴町藤元病院精神科観察室に強制収容させた。アパ-トの住人に聞くと下〇さんが弁当買いに歩いて行っているのをみている。近くの中央タクシ-の運転手さん達も下〇さんが近くのロ-ソンに買い物に行って帰って通るのを見ている。ロ-ソンの定員さんも買い物に来たことを知っていた。中央タクシ-の自動販売機の飲み物を買いに来ているのを運転手さん達が見ている。下〇さんが認知症と自宅に帰れなくなったと市民相談室の畑中さんに話した事は嘘になる税所久和地区担当ケ-スワ-カ-は勘違いしている。鍵がかかっていて、外出もできない。ガス料金支払いにいけない。新聞代も払いに行けない。H21年1月から9月まで、松元 清光都城市福祉事務所長、健康福祉部長、健康部長が847480円公金横領したのも9月6日で時効になるる都城市役所は不正を正そうとしない。都城警察署は下〇の偽造印鑑とわかっている。都城市役所が被害届を出さないと動けない。保護課は人を大切にしない。首つり自殺をしても平気でいる。松元 清光都城市福祉事務所長の貸家にお金をあげる。




旬刊宮崎は創刊当初より30年以上、庶民の立場から真実を追究。山積する不条理に対し「弱者の代弁者として破邪顕正の剣で立ち向かっていく」旬刊新聞です(発行は毎月5日、15日、25日)。